2017年 09月 10日 ( 1 )



前回に続き…

もうひとつ、小さな宝物


e0302491_11302844.jpg


これね、私が16歳だったかな
お誕生日に父がプレゼントしてくれたブローチです


赤くて可愛い小鳥だけども
16歳の女の子には、ちょっと渋くありませんか?


見た途端
「なんだ、これ!?」
な感じだったと思います

それに、その頃私最悪にヒドイ反抗期で
父とは口もきいていなかった
このプレゼントに関しても、イヤな態度を取ったに違いない

なんて悪い娘


それから暫くして父は突然亡くなり
これが父からの最後のプレゼントになってしまったのです



どう向き合って良いのか想像もつかない娘に
どんな気持ちでこれを選んでくれたんだろう


父の気持ち
そして当時のバカな自分を思うと
今でも涙がこぼれます


長い長い年月
言葉では現せない気持ちでいたけれど
今はちゃんと知ってる

天国はちゃんと存在していて

父が見守っていてくれている事を

今も変わらず愛し続けてくれている事を



これ…言葉にすると
途端に怪し気になってしまうのが残念過ぎるのね



1日でも早く
こんなコトを当たり前に話し合える日が来ます様に

そうすれば、この世の苦しみは随分減るんじゃないかな





話が大きーくそれましたが…

大切に持ってる私の小さな宝物
今までずーっと箱に仕舞ったままだったのですが
これ、帯留めにしたら素敵なんじゃない?

ブローチみたいに落とす心配もないし



前回の珊瑚の帯留めと一緒に
リフォーム相談に持って行ってみようかな












[PR]
by angelique-note | 2017-09-10 21:42 | 着物まわりハンドメイド