サラリと羽織れるボレロが好き

着物でリメイクしたいなぁって思っていたら

の中のつぼみボレロって言うのが可愛くて、作ってみました


e0302491_22493430.jpg


桃色の振袖と藤色の色無地の合わせ技

さすが振袖
華やかなアクセサリー感覚です


e0302491_22513993.jpg


ワンピースの上に羽織ったりなんかすると
ちょっとハリきり過ぎなほどエレガント

カジュアルにデニムと合わせる位がちょうどイイかな

上下反対でも着られるので
雰囲気がガラリと変わります


e0302491_22535355.jpg


腕のギャザーは、以前作った☆パンツ☆と同じ作り方


こういう形のボレロも、ちょっと変わってて良いな

こんな風にかけると…なんだかヘンな感じです
ボレロには見えないのね


e0302491_17261014.jpg


時々肩からスルリと落ちてしまうのが少々難点ではありますが
やっぱりサラサラ気持ちいいのがスキ


柄違いで沢山作りたいって思っていたけど…
予想以上のインパクト

満足満腹状態

やっぱり着物の力ってスゴイですね












[PR]
# by angelique-note | 2017-10-07 23:03 | 布・着物リメイク | Comments(0)

ロックミシンの糸選び、負のスパイラルに落ち入り
途方に暮れておりましたが(いつも大げさ)

baby lockさんに直接問い合わせてみたところ
わざわざお電話で、とっても丁寧に教えて下さいました


スッキリ


「ニットソーイングの合わせ縫いには、どんな糸を使えば良いか?」


答えは
「60番でも90番でも、どっちでも、何でも良い」
そうです!


教室でも先生に寄って、60番派と90番派に分かれるらしく

子ども用とか、ガンガン洗濯するモノは60番でもいいし
おしゃれ着なら、90番で縫い合わせしても大丈夫

厚い布や
頑丈に縫いたいと思う時は60番
90番は巻きが多いから、ルーパー糸だけ90番にしてもOK

白、黒なんかのよく使う糸は4本揃えるといいけど
たまにしかつかわない糸だったら
家庭用ミシン糸を2本買ってボビンに巻き、針糸に使う方法もアリ

針糸をスパン糸60番、ルーパーをロック用90番にしても良いそうです

自動糸調子があるから、糸をバラバラにしても平気なんですって
糸取物語にして良かった〜


ウェーブ機能を使う時は、90番が良いみたい
きっと使わないから、あんまり関係ないけど…



ついでに、ニットの直線縫いは

上糸スパン60番、下糸ウーリーで良いそう

レジロンは糸調子が合わせにいとか
あのツルツルした感じ、あまり好きじゃないからウーリーを使ってみようっと




まずモノクロは、4本+ウーリーとして
後は布に応じて、なるべく糸を増やさない様にするのが良さそう


同じ種類のいろんな色の糸が、ズラーッと並んでる収納に憧れてます

例えるなら、こんな感じ

e0302491_11035092.jpg



でもま、これは諦めて
収納にはカーテンか扉を付けようっと


とにかく糸選びの悩みは解決です

アドバイス下さった皆さま、ありがとうございました





[PR]
# by angelique-note | 2017-10-06 21:05 | ハンドメイド | Comments(2)

ロックミシンで使う糸


念願のロックミシンを手に入れたのは良いけれど
いきなり糸選びで戸惑っています

教室で使っているのは『ミロ・マルチ』
発色が良く、素人の私が見ても良い糸なんですねって感じ

問題は価格
かなり高価です

最初見た時、4本分の値段かしらと、二度見してしまいました
それは言い過ぎ?



糸については、教室で先生に聞けず
ミシン屋さんに相談してみたところ

「これから買い揃えるなら、ロック糸ではなく
合わせかがり兼用で使える3本撚り50〜60番のスパン糸、工業用の1000〜3000mがいいですよ」

と教えて下さいました


ロックミシン糸は2本撚り90番のスパン糸で
縁かがりには良いけれど
合わせかがりに使うと、数回の洗濯で糸切れしてしまうんですって



糸を立ててセットできれば、家庭用の直線ミシンでも使用できるとのこと


ふむふむ


ニットの直線縫いの時も、下糸をウーリー糸を使えば良いそう


う〜ん…
この辺りからよくわからなくなって来るんですが
ウーリー糸は伸縮性があるから
スパン糸×ウーリー糸でニットの直線縫いも出来るってコトですよね
あんな太いの、下糸用ボビンに巻いたらどうなるのかな?


レジロンって、何故かあんまり好きじゃないし
ウーリーで済むなら嬉しいね
巻きロックにも使えるし




と、なると
1色に対して
スパン糸4巻きとウーリー糸1巻き必要ってコト?



収納が大変そう!



とにかく色々調べて、試しにフジックスの工業用キングスパン60番3000mを買ってみました


e0302491_22022122.jpg



ぎゃ!
大きい!

これ、4つって!!




もう少し小さいのないかなぁと探して見つけたのが
ここなら、1200m巻きがあり、お手頃価格

e0302491_22085909.jpg

ただ、色見本は販売されてないようで
色選びがモニターのみなのがネックかな


大きな巻きを小分けもして下さるんだけど
出来れば同じ形状のモノを揃えたい気もします


うーん
迷う



あ、工業用糸を家庭用ミシンで使うには、糸立てが必要ですが
まだ買ってないので、今はロックミシンを横に置いて使ってます


e0302491_22130397.jpg

糸立てを自作したり、クリップを使ったり
工夫して使ってる方も多く目からウロコ

何でも作る派の私ですが、こういうのは苦手です
どっか間違えて、糸が絡まったりしそうで…



あ〜あ
せっかくロックミシン熱が高まってるのに
まだ試し縫いしかしてませーん








[PR]
# by angelique-note | 2017-10-04 21:41 | ハンドメイド | Comments(3)

ミシン屋さん選び


ミシンって、高価だし、気軽に買い換えするものじゃないから
買う時はかなり慎重になります

買うお店も迷いました


私の第一条件は、値段はモチロンなんですが
調子が悪くなったら、持ち込んで見て貰えるところ
色々相談できるところ

だから、値段が少しお高めでも、店頭で購入する事も考えていたんです

だけどねー、店舗のあるミシン屋さんって今あまりないんですよね
手芸屋さんや布屋さんの一角で、販売している所は多いけれど
ミシンに詳しい人はいなくて
修理となると、結局メーカーと直接やりとりする事になる


それなら…と、ネット購入に絞りました

ミシンの値段って
表示価格は、ものすごーーーく高くても
直接問い合わせるとグッと安くなるんですね!

だから今回ばかりは、『価格.com』は役に立たず、ひたすら問合せ


メールの返信だけでも、会社の様子や、担当者の人となりが垣間見えるようです

返信が早くて丁寧なところ
担当者から値段の羅列だけが届くところ
ミシンにこだわりがあり、聞いていないことまで知らせてくれるところ

などなどなど

お値段が安くても、ここで買うのはちょっと…なところもありました



最終的に選んだのは


少し遠いけれど、車で持込みできる距離
実店舗はないのに
「修理の持込みして貰っていいですよ」
と気持ちよく言って下さり
機種や他の質問にも、とても丁寧に答えて下さいました

取扱いのある商品について、必要かどうか聞いた時には
「特にそのデザインが気に入ってるのでなければ、100均のもので試してみては?」
と、親切なご提案を下さったり
取扱いのない『糸』の事を、色々答えて下さったコトも決め手
「糸は種類が多く、分かり辛かったり迷った場合は、今後も遠慮なくお問い合わせ下さい」
とのお言葉は心強く嬉しかったです


有料の保証延長も念のため付けて貰いました
その金額足しても、最初に予想していた値段より安かった


何年か前に直線ミシンを買ったのだけれど
アレもここで相談すれば良かったかも


発送から受取もスピーディー


e0302491_08330919.jpg


メーカーさんから
糸通し、小さな試し縫い済みで届きました


これなら安心です
前回のミシンはいきなり初期不良だったから



LEDライトで手許は明るいし
ジェットエアスルーも快適


大満足です



次回は『糸』について













[PR]
# by angelique-note | 2017-10-03 08:55 | ハンドメイド | Comments(2)

ついについに!
欲しかったロックミシン!!


e0302491_08065293.jpg



前から「買ってあげるよ」って言われてたのですが

なんだかもったい気がしたり
使い方がわかなかったり
どれが良いのか選べなかったりしてました

このところの私の様子を見て
元気づけようと思ってくれたんだろうな
「早く買い〜」
の言葉に甘え、思い切って注文


大切にしよう
楽しもう
がんばろう




色々迷って選んだのは

2本針4本糸
糸取物語WAVE


ついこの前まで
1本針って?2本針って?な感じでしたが
色々お勉強しました

最初は、布の端処理だけ出来れば充分、なんて思ってました
他に、どんな風に使えるのか、よくわからなかったし

「ロックミシン始めたら、絶対ニット縫いたくなるから、2本針4本糸がいいよ」
って言われても、「?」な状態

偶然ニットソーイング教室を見つけ習い始めたところ
ニットの虜になり
買うなら『2本針4本糸』に決定



次に悩んだのが
『糸取物語』か?『衣縫人』か?


e0302491_07303166.jpg



これ、迷う人多いみたいですね

違いは

『糸取物語』は自動糸調子あり
車に例えるならオートマ車、カメラに例えるならオートフォーカス

『衣縫人』は自動糸調子なし
こちらはマニュアル車、一眼レフ

だそう
ミシン屋さんが教えて下さった例えです


最初は断然糸調子は自動がイイと思っていたのですが
細かい所に手が届いてキレイに仕上る『衣縫人』派の方も多く
その他モロモロで悩みました

が、私もともと全くきっちりした性格でもないし
お裁縫がとびきり得意な訳でもなく、マニュアルミシンを使いこなせるとは思えない

それに、高価なロックミシン、買ったら最後おばあちゃんになるまで使いたい
となると、目も段々見えにくくなるだろうし、楽なのが1番

自動糸調子は、私よりよっぽど優秀に違いないと思い
『糸取物語』に決定

糸取シリーズの自動糸調子は、個別に調整は出来ないけれど
糸調子全体では調整が出来るそう
多分使わないだろうな



最後は
『糸取物語wave BL69WJ』か?『糸取物語 BL066L』か?

1番大きな違いは、wave機能のありなし
何作っても舞台衣装になりそうなwave機能なんて使わないから、いらない
って思ってたのですが、他の機能を比べてもやっぱりwaveが1番

万が一、wave機能を使いたくなったとしても
その部分だけ買い足すコトできないし

それにね、店頭では、数万円高くなるから除外していたけれど
ネット購入だと少しプラスして、こっちにしておく方がお得かな、位の差だったんです
ミシンを買う時は、どこで買うか、よ〜く調べる方がよいですね



ミシン選びには、いろんな方のブログを参考にさせて頂いたので
私ももう少し続けて書きたいと思います










[PR]
# by angelique-note | 2017-10-02 21:56 | ハンドメイド | Comments(0)

ハギレでポーチ


ハギレでポーチ
完成♪

e0302491_16471527.jpg


マグネットボタンが上手く行かなかったので
くるみボタンをゴムで留めるカタチにしました

この方が却って良かったかも!


バッグの中に
ハンドクリームとか
リップとか
ちょっとしたモノ入れとくのに、ちょうど良いサイズ



ますますハギレが捨てられなくなりそうです


今回残った小さなピースも

e0302491_16511697.jpg



どうしようもなさそうなカワイイごみも

e0302491_16520095.jpg


まだまだ活用しますよ


こんなの取っといたら
また見つけた時に

「なんでこんなの置いてるの?」

って、自分で呆れそうだけどね





[PR]
# by angelique-note | 2017-10-01 22:02 | 布・着物リメイク | Comments(0)

ハギレ活用途中経過


前回の続きです

小さなハギレを強引にパッチワークとキルティングした布をカット


e0302491_17015371.jpg


水色の裏布を付けて
ポーチにしました


e0302491_17025376.jpg


参考にしていた本によれば
マグネットボタンを布でくるんで縫い付ける
と言う方法だったので…

くるみボタンみたいに包んで
チクチクチクチク縫い付けたところ

くっつかないの!

仕方なく布を取ると
プラスティックのカバーまで一緒に入れてた(ノ◇≦。)

取り除いて、再度ちくちく

えー
うそー
まだくっつかないの

布がない時は、離れないかと思うほど強力なのに



他の方法を考えよう…


e0302491_17094826.jpg


もったいぶってる訳じゃないですが
力尽きて、完成は次回に延期です








[PR]
# by angelique-note | 2017-09-30 16:35 | 布・着物リメイク | Comments(0)

小さなハギレの使い道


何だかよくわからないモノを入れてる箱が沢山あります

その中のひとつが
『何かになりそうな小さいモノ入れ』

ほんの少しだけ残った変わった毛糸とか
リボンの切れ端とか
壊れたクリップとか

他の人が見たら多分…クズ入れ

でも私にとっては宝箱
開けるたび、何か作れそうでワクワクします


その箱の中から、小さな小さなハギレを発見
入れた本人でさえ、何するつもりだったのか考えてしまうほどのサイズ


e0302491_08405614.jpg


ちょうど無性に『ピンクなモノ』が作りたい気分だったの

他の『普通の小さなハギレ』をプラスして
ミシンでじゃんじゃん縫いつなぎます

定規なんか使いません

色合わせなんて気にしない
歪んだってかまわない

ひたすら長さが同じ位の辺を見つけ、どんどん縫って行く


e0302491_08474685.jpg


まるで工作

楽しい…


少し大きくなったハギレ同士を又縫い合わせ
更に大きな1枚の布に

この時は色のバランスを考えます(ちょっとだけね)


e0302491_08503568.jpg


アイロンを当ててムリヤリ平べったくして
キルト綿を合わせ、ジグザクミシンでキルティング



e0302491_08541899.jpg


中途半端に残ったミシン糸を使ってジグザクジグザグ

つなぎ目とつなぎ目を
一筆書きみたいに、迷路みたいに、どんどん縫います

もちろん、歪んでるよ


余り糸がちょうどなくなりました
使い切った糸巻きを見るのは、ちょっとカイカンすっきり


キルティングすると、ぷっくりカワイイ


e0302491_08594443.jpg


これを使えるモノに仕上げて行きます

何にするか、一応考えるけど…
ココで変わる事も


どうしようかなぁ
出来上がりは、又こんど










[PR]
# by angelique-note | 2017-09-28 22:00 | 布・着物リメイク | Comments(2)

初級A2 フレンチスリーブ


クライ・ムキ式ソーイングスクール
初級 A2 フレンチスリーブシャツ
★─────────────★

e0302491_16521105.jpg


生地 エチノニット J damask
生地代 ¥3,024(¥4,320/m×0.7)
サイズ M


2回めのレッスン
フレンチスリーブシャツ

衿と裾の始末は直線ミシン
最初と最後3針ほど返し縫いしてからジグザク

ちょっと不思議な感じです


e0302491_21223656.jpg



前から
e0302491_21384072.jpg




後ろから
e0302491_21385277.jpg


布は厚め
今の季節ならなんとか着られるかな
ボートネックで上から羽織ると衿元がモタついてしまうし…

本当は薄い布で夏サラッと着られるモノ
作りたかったの
でも、店内の大半は秋冬の布

なのにカリキュラム通り、これを作らないといけなくて

「中に何か着れば、これからの季節も着られますよ」

と先生言って下さったけれど
フレンチスリーブのベストって
着たくない


まだ始めたばかりですが
布が大好きで、買い過ぎ抑制に苦労している私が
買いたい布がなくて苦労してます


それでも何とかマシなの選び

1デザイン1カットしかないから
それがなくなると、もう買えないんです

だから少し先のカリキュラム分買っておこうとすると

「あまり先の分まで買って貰っては困ります」

ですって

な、な、なんで!?

布は誰でも自由に購入できるのに
カリキュラムのは買っておいてはいけない…


「どうしてですか?
カリキュラム通りだと好みじゃないデザインもあるけど
何とか好きな布見つけて着られる服作りたいんです」

まっすぐ訴えてしまう私

言ったところで
雇われ先生も、そして私自身も後味悪くなるだけなのにね



後から他の生徒さんが
「布の必要量勝手に見て、知らん顔して買っておけばいいのよ〜」
って、こっそり教えて下さいました


あぁ
私にはこういう所が欠けてるの
波風立てない方法
見習わなければいけません


でもね、でもね
習う人大半が不満に思ってるコト
本当は改善して行く方が
教室にも、生徒にも、プラスになるはず

あ〜これが私のいけないところでしょうか


「?」の多い教室
お勉強する気満々なのに、続くかどうかいきなり心配です

賛否両論ある教室ですが
ブログには良いコトだけを書きたかったのに〜





作り方がわかる本
『ロックミシンソーイング 基礎から始める大人のスタイルブック』

カリキュラムで作る服は
教室で購入した布を使い、教室内でしか作るコトができません
著書の中にフツーに型紙や作り方が出ているのに…


あぁ
ロックミシンに魅了されつつあり
クライ・ムキ先生ってやっぱりすごい!って思うからこそ


新入生の叫び
止まらなくなりそうです











[PR]
# by angelique-note | 2017-09-26 22:30 | ハンドメイド | Comments(6)

またまた300円で買った着物からリメイクです

e0302491_15565464.jpg


ボッシュパンツ・カフスより

反物を指定の長さにカットしたパーツを使って作るので
型紙はいりません

その代わり、タックを取るのがちょっと面倒

え〜、こんな所でつまんだら、モンペみたいにならない?
って不安になりましたが、出来上がりに大満足

前のラインはボケットです
このポッケの作り方、まっすぐ折るだけ
反物ならでは

ただ思ったより丈が短かったかな

次は少しアレンジして
違う着物で作ってみよう


とか言いながら
作りたいモノが沢山あってなかなか進みませんが…

寄り道多いのが困りものです






今日TVに
書家の金澤翔子さんが出てらっしゃっいました

透き通った魂が伝わってくる様な文字を見ると
書道の事がわからない私でも、何だかジンとします

そんな翔子さんの言葉

「お父さま、いつも心の中にいて下さってありがとう」

あぁ
そうなんですよね

翔子さんの様な美しい心の持ち主は
その存在を感じることができるのね、きっと

そして当たり前の様に、ありがとう、と言える



霊能の先生が仰ってた言葉を思い出します

「ごめん、じゃなくて、ありがとうなのよ
苦しんでいるのを見るのは、あちらも苦しいの
ありがとうって言われるのは、あちらの世界でも嬉しいのよ」






[PR]
# by angelique-note | 2017-09-25 21:40 | 布・着物リメイク